発達障害や精神障害など、理解されづらい障害があっても

ほっぷのスタッフがあなたに寄り添い、ピッタリな仕事を見つけるよう努めます。

発達障害があり、就職が難しい

障害福祉サービスほっぷは、特に「発達障害」に力を入れた函館市の就労移行支援事業所です。

近年、「発達障害」という言葉を耳にする機会が多くなったのではないでしょうか。発達障害は、コミュニケーションが難しい・想像力が乏しい・不注意や多動性が目立つなどの症状が現れる「自閉症スペクトラム」「ADHD」の二つを主に指しています。この二つは両方の症状が現れることもありますし、片方だけの場合もあります。ほかにも、数学がとても得意なのに文字がどうしても読めないなどの「学習障害」なども発達障害にあたります。

どうしてもコミュニケーションが不器用だったり、極端に苦手なことがあって困る…。学校や職場でも、かなり無理を感じている…。相手に誤解させてしまうことや、冗談を真に受けてしまったりする…。これらの症状は、自閉症スペクトラム障害の「コミュニケーションの困難」や「興味関心の幅が狭い」ことから発生しているかもしれません。

中高年の方は、まだ発達障害という言葉がない時代にお医者さんに「統合失調症」と診断された方もいらっしゃいますが、その中で本当は発達障害だった! というケースもあります。

発達障害の支援

発達障害の方は、感覚が過敏だったり、体の動かし方がとても不器用だったり、コミュニケーションがうまく取れないなどの症状がある一方で、

得意なことにものすごく集中したり、専門家レベルのスキルを身に着けている方も少なくありません。その人に合っている訓練をすれば、充分就職が可能だと思います。

函館市内でなかなか仕事が見つからなかったり、面接してもどうしても受からない…あるいは、いやなことがあって、外に出ることも難しい。そんなときは、ぜひ障害福祉サービスほっぷであなたに合った、まずは安心できる環境で徐々にトレーニングをしていきませんか。

サービスご利用の流れはこちら