発達障害や精神障害など、理解されづらい障害があっても

ほっぷのスタッフがあなたに寄り添い、ピッタリな仕事を見つけるよう努めます。

障害福祉サービスほっぷの特色

他事業所が水曜日はコミュニケーション訓練、木曜日はパソコン訓練、とみんなで一緒のトレーニングをしていることに対して、障害福祉サービスほっぷの特色として、利用者様一人ひとりの個人の適性に合わせた個別のプログラムを立て、その人の課題ややりたいことに沿った支援を心がけています。

アセスメント

障害福祉サービスほっぷでは、利用開始から最初の1ヵ月~3ヵ月程度、利用者様のアセスメントを重点的に行います。

アセスメントとは、利用者様個人が、どんなものが好きで、なにが得意で、なにが苦手で、どんな人柄でいるか、どのような仕事に向きそうかをじっくり見定める期間です。この期間に、利用者様にはさまざまな作業を体験していただきます。仕事についたことがなくて、どんなものが得意かわからない方でも、適性が見つかるかもしれません。

-事例-

例えば、長い間引きこもりだった56歳のNさんは、パソコンが好きで、とにかくパソコンを使った仕事をしたいということで、HTML(ホームページを作成するプログラミング言語)を勉強させたところ、すっかり熱中してしまい、IT系の企業やテレワーク就労などを目指して日々訓練しています。

-事例-

特別支援学校に不登校で引きこもっていたYさんは、イラストを描くのがとても得意で、その才能を活かして店舗のポップ作りなどの訓練をさせていますが、本人が希望すれば副業程度のイラストレーターにだってなれるかもしれません。

お食事の提供

ほっぷでは、利用者様には原則無料で昼食のご提供をしております。

手作りのお料理です。

株式会社kaienとの提携

ほっぷでは、東京の障害福祉事業の株式会社Kaienと提携しており、発達障害の支援について業界トップクラスに力を入れているKaienの提供する就労訓練プログラムを多数ご用意しております。